ISUZU 北海道いすゞ自動車株式会社 お問い合わせ
環境に関する情報 環境に関する情報
環境に関する情報
環境ステーション
自動車リサイクル法について
東京都条例
自動車の使用者の義務について
PM規制内容について
大型貨物自動車の速度制限装置義務付け
省エネルギーセンター

環境に関する情報

北海道いすゞ自動車株式会社の環境に関する以下の取り組みをご紹介いたします。
icon 環境ステーション
  いすゞ自動車は地球環境保全を経営の最重要課題と考えています。さらに、世界の経済発展と環境保全の調和をめざして積極的な活動を展開しています。これに先立って1990年8月に「いすゞ地球環境委員会」を発足、1992年5月には「いすゞ地球環境憲章」を設定すると共に"人と地球の未来のために"をキャッチフレーズとしたシンボルマークを定めました。
icon 自動車リサイクル法
  2002年7月に自動車リサイクル法(「使用済自動車の再資源化に関する法律」)が制定され、2005年1月から本格施行されています。
 自動車リサイクル法についての詳細は『いすゞ自動車株式会社』【自動車リサイクル法】よりご確認下さい。
icon 東京都条例
  平成元年排出ガス規制車(U-)以前のトラックに対する都条例及び改正NOx法について
icon 自動車の使用者への義務に関する詳細
   自動車の使用者には、次のような義務があります。(「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」による義務付けより)
 尚、こちらの資料は各営業所でも配布しております。
icon 国のNOx法(現行・改正案)と都条例のPM規制内容について
   国のNOx法(現行・改正案)と都条例のPM規制内容についての紹介
icon 大型貨物自動車の速度制限装置義務付け
   大型貨物自動車については、昨年8月の道路運送車両の保安基準の改正により、平成15年9月1日から速度制限装置の装着を義務付けることとされています。
 この度、現在使用過程にある自動車に対する装着義務の適用期日が決まりました。
icon 財団法人 省エネルギーセンター
  〜簡単効果的に省エネできる!アイドリングストップ自動車〜
  環境のためにイイことして、ムダな燃料も消費しない地球もみんなもうれしいアイドリングストップ自動車
さらに補助金制度で購入費用の一部が補助されるんです!

北海道いすゞ自動車株式会社 旭川支店
「環境に優しい自動車販売・整備事業者」に表彰される。
 旭川運輸支局では、自動車の循環型社会の形成に向け、自動車販売・整備関係事業者の使用済み自動車の適正処理、リサイクル部品の使用促進、マニフェストの確実な交付、カーエアコンの適正処理等環境問題への取り組みをより一層浸透させ、かつ、自動車ユーザーの環境問題に対する意識の高揚を図るため、環境志向型事業活動に積極的に取り組む関係事業者を顕彰し、公表する制度を平成13年度に制定しました。
環境に関する情報

↑ページの先頭へ
北海道公安委員会 許可番号101030000173
免責事項 プライバシーポリシー コンプライアンス
北海道いすゞ自動車株式会社 ©  Hokkaido Isuzu Motors Limited. All rights reserved.